ビジネス!自己啓発!解体心書っ!

ビジネス書や自己啓発本のポイントを独自の視点でご紹介っ!話題のベストセラーから!古は兵法まで!解体しちゃいますよんっ!みなさぁーんっ!ビジネス書!自己啓発本を!摘み食いしてみませんかぁ?

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-01-25

燃える闘魂っ!アントニオ猪木っ!だぁぁぁっ!!!

皆さんは「のどごし生」のCMを見たことがあるだろか?

僕はCM放映前に総武線で2枚の車内刷を見ていた。

1枚は痩せたレスラーとは思えない男性が長州にドロップキックをしている。
もう1枚は後楽園ホールのリング上で長州が彼の手を高らかに挙げている。
キャッチコピー。
「のどごし 夢のドリーム」
寺島 力(37歳 会社員)とある。

それを見た瞬間、すべてを理解した。

CMのロングバージョンでは、長州の前に小力が登場する。
粋な演出と長州の想いを考えるとグッと来た。


そして、プロレスは「いいな」と思うのだ。


プロレスはファンの想像力とレスラーの試合運びが交差するガチなバトルである。

試合がある時(マッチメイクに関して)ファンは事前に展開や決め技をイメージする。
そのイメージ通りで予定調和で終わってしまうと
所謂「しょっぱい」(つまらない)試合と言われてしまう。

かといってお約束な技やキメポーズをしなければファンからはクレームとなる。
そして、ファンはどんどん進化していく。

レスラーはベビーフェイス(善玉)からヒール(悪玉)へポジションを変えたり
新しいキャラを立ててファンに応えるのだ。


どんでもないレスラーがいた。

本名 猪木寛至。
言わずと知れたアントニオ猪木選手である。

今回は「アントニオ猪木 自伝」を解体する。

とにかく猪木さんは破天荒である。
存在自体が事件である。

先日、逝った大島渚監督同様にタブーを好む。
(二人とも好むというか生き様がタブーとの戦いだったと思う)

猪木さんを初めて見たのは小学校4年生の時。

僕は床屋さんにいた。
目の前にテレビがあり猪木さんが外人レスラー(タイガー・ジェット・シン)の腕をひねって
何回も自分の肩にぶつけていた。(ショルダー・アームブリカー)

試合というより喧嘩のようだった。
後日、「シン腕折事件」といわれる試合である。
(実際シンは肩の亜脱臼のみで骨折はしていない)

正直、ショックだった。
本当は子供心に見たくなかった。
床屋のオヤジさんは興奮しており、チャンネルを替えて欲しいと言える空気はなかった。
とにかく、あの試合は残酷過ぎて怖かったのだ。

しかし、怖いモノ見たさという言葉がある。
既にテレビアニメの「タイガーマスク」に陶酔してた僕はプロレスの基礎知識は得ていた。
「タイガーマスク」に猪木さんや馬場さんも登場していたことから親近感もあり、
すんなりと禁断のプロレスの世界の入っていった。

本題へ戻る。

本書は燃える闘魂「アントニオ猪木 自伝」である。
生い立ちからブラジル移住、力道山・プロレス入門、新日本プロレス旗揚げ、
政治家としてイラクの人質事件解放の経緯や北朝鮮外交、引退まで語られている。

特筆すべきはボクシング世界チャンピオンのモハメド・アリとの「異種格闘技戦」だ。
今でこそ知れ渡る「異種格闘技」という言葉であるがアリ戦からメジャーになったのではないか?

時は1975年アリの「ボクシングこそ地上最強の格闘技だ」という発言を受け猪木さんが挑戦状を渡す。
アリ側はマネージャーであるドン・キングらの反対もあって試合はとん挫しそうになるが、
ミュンヘン・オリンピックの柔道金メダリストだったウィリアム・ルスカの一言が流れを変える。

彼は猪木さんへ「アリと戦う前に俺とやれ」と言った。

これには世界中のマスコミが食いついた。

ルスカ戦はリング形式で行われ猪木さんが勝った。
(ルスカは初の「異種格闘技」でしかもリング形式。かなり不利だったと思う。)

そして1976年3月25日N.Y.バブル経済の発端と言われるプラザ合意で有名な
プラザホテルに於いて猪木さんとアリは調印式を行う。
その時アリが猪木さんのあごを見て「ペリカン」と揶揄する名言が飛び出した。

同年6月25日「格闘技世界一決定戦」が武道館で行われた。
アメリカ170か所、カナダ15か所、イギリスで6か所でも同時放映された。

猪木さんはパンチを食ったら目が潰れる恐怖と戦いながら15ランドを終えた。
アリも当時はWBA・WBC世界統一ヘビー級チャンピオンだ。
わけのわからぬ東洋人に恥をかくわけにはいかない。

結果はドロー。
「今世紀最大のスーパー・ファイト」は「世紀の凡戦」と評された。

本当に、そうなのか?

試合後、アリを蹴り続けた猪木さんの右足は剥離骨折をし、
アリは左足血栓症で1か月入院し次期防衛戦のケン・ノートンとの試合を延期している。

猪木さんは転がりながらキックしか(通称:アリキック)しない15ラウンドは、
本当に「世紀の凡戦」だったのか?

立ち技では圧倒的にアリであり、寝技なら秒殺で猪木さんだ。

この水と油は混ざらない。
混ざらない異分子が武道館という箱の中でカオスを生み出した。

この戦いが猪木さんの売名行為であるならば大成功を収めた。

猪木さんはヨーロッパで一気に有名になり「ワールドプロレスリング」の放映も始まった。
そして特にイスラム圏での知名度はずば抜けて高くなった。

アリ戦から半年後にパキスタン政府から猪木さんは招聘される。
アリと戦った男とイスラムでは最強の男の称号を持つ「ペールワン」アクラム選手に
試合を行って欲しいとのことだった。

猪木さんは壮絶な試合を行い試合に勝利し「猪木ペールワン」の呼称を手に入れる。
イスラム圏で「ペールワン」の称号を得ることは大変なことである。

これが外務省を敵に回したイラク人質解放や猪木外交のベースとなっていく。

プロレスファンにとって猪木さんの評価はわかれる。

特に90年代後半の新日ファンにとって猪木さんはガンでしかないだろう。

プロレス人気にあぐらをかいて、チケットが売れる現状を嘆く猪木さんの想いは空回りする。
興行のチケットは手売りが基本と豪語する猪木さんに完売するドームはどう映ったか?

そして近年僕にとっては「しょっぱい」空気がドームを埋め尽くした。

でも、明るい兆しもある。
以前の新人達の台頭である。
プロレスは想像力の世界である。
僕は新たな想像力に魅了されることを希望している。

僕のように古き良き時代に縛られずに
ずっと新日を愛し続けるファンに心から敬意を表する。


そして、猪木さんの引退試合。
ドームにはアリの姿があった。

試合後、猪木さんは挨拶をして
最後に一休禅師の詩を叫んだ。


この道を行けば
どうなるものか
危ぶむなかれ。

危ぶめば道はなし
踏み出せば
その一足が道となり
その一足が道となる

迷わず行けよ
行けばわかるさ。



アントニオ猪木。
破天荒ではあるが憎めない人である。
スポンサーサイト
2013-01-22

映画「ストロベリーナイト」ノススメっ!ネタバレあり?!

僕は内閣総理大臣である安倍晋三氏と野田聖子総務会長が好きである。

別にアベノミクスを期待しているわけでもなく、自民党支持者でもない。

二人がインタビューなどで何度も応えているキーワードに共感するのだ。

それは「セカンドチャンス」であり「リベンジ」(KISSのアルバムではない)だ。

日本人は失敗者を色メガネでみる習性が顕著にある。

例えば、会社を倒産させたことがある経営者が起業すると、また倒産させると決めつける。

欧米では決定的にそこが異なる。

欧米のVC(ベンチャー・キャピタル)のThe first questionに典型的な例が窺える。
彼らのインタビューはここから始まる。

「あなたは何社会社を倒産させましたか?」

彼らは失敗も経験として価値を見出すのだ。

僕も資本金2億の会社を破綻させた過去がある。

当然、従業員や株主には申し訳ないと思っている。

従業員に数ある会社から当社を選択したのはあなたでしょ?とか
株主に投資は自己責任ということをご存じないのですか?と開き直るつもりない。

正直、本当に開き直れたらどんなに良かったか。

銀行の追い込みは覚悟していた。
しかし、経営能力に欠如した敗北者と決めつけられた
他者からの圧力は僕のくだらないプライドや見栄をズタズタにした。

強く何度も失敗を跳ね返した経営者であれば多分、失笑するだろう。

しかし20年近く自分で起業して上場する事のみが自己実現だと笑ってしまう
勘違いをし続けた人間にはこの現実は重かった。
(今はそんな時代遅れの考えは全くないと自己弁護しておく)

さて、本題である。

もう一人大好きなヒロインがテレビドラマにいる。
そして、彼女は1月26日に銀幕にデビューするのである。

彼女の名は姫川玲子。
警視庁刑事部捜査第一課の警部補である。

誉田哲也著「ストロベリーナイト」のドラマ化で竹内結子さんが演じた。

2010年11月渋谷駅の巨大なポスターでこのスペシャルドラマがあることを知った。
歴史モノや大河以外は面倒なのでなかなかドラマの継続視聴者に
なれない僕が何故か?
カレンダーの13日にストロベリーと記入したことを覚えている。

イチゴ好きなので気になっただけなのか?疑問である。

そして、ドラマはオンタイムで見た。
面白かった。

翌日、原作を購入するため本屋へ走ったくらい面白かった。

通常は「のぼうの城」や「悪の教典」、京極堂やラングドン教授達のように
原作を読了後、一抹の不安を抱きながら映像化に挑む。

「ストロベリーナイト」は竹内結子さん演ずる姫川玲子が僕を骨抜きにしてしまった。

それから、2012年1月より続編として火曜21時枠で連続ドラマが始まった。
原作は姫川玲子シリーズとなった以下の3冊。
「ソウルケイジ」
「シンメトリー」
「感染遊戯」(短編でスピンオフ系)

しかしながらドラマは「ストロベリーナイト」のタイトルのままである。

そのドラマの続編が今回映画化され、原作のタイトルは「インビジブルレイン」である。

まず喜ばしいのは原作のタイトルだ。

これはポリスの4作目「Ghost in the Machine」のA面3曲目に収録された
「Invisible Sun 」に由来すると言われている。

時は1981年10月「Every Little Thing She Does Is Magic (邦題:マジック)」
スマッシュヒットが皮切りに世界的なセールスを記録しアルバムは全英1位、全米では2位だった。

そして、この楽曲はアイルランド紛争を扱っているとBBCでの放送が禁じられた曰く付きの歌だ。

僕はこのアルバムで一番好きな楽曲である。

ここで原作と映画が混同しないよう改めていう。

映画のタイトルも「ストロベリーナイト」である。

原作では3つの復讐劇がポリスのようなトリオ編成で奏でられる。

そして姫川の突然すぎる禁断の恋愛も登場する。

ネロとパトラッシュが如く、死を持って完結となすエンディングは悲壮感しかない。

しかし、しかしである。

姫川班は?そして菊田よ、お前は何処にいるのかと不毛な疑問が消化不良を起こす。

映画ではドラマとかなり地続きであるために満腹中枢を満たしてくれるであろう。

注目はヒーローの牧田と舎弟である川上の相関をどこまで描くのか?

ともあれ26日はすぐそこだ。

黒い7cmのヒール&パンツスーツそして赤いエルメスのオータクロアの戦闘装備を整え
壮絶な戦いに挑む姫川玲子。

期待したいと思う。

彼女は「過ぎた正義(5話)」でラストにこう語る。

「どんな間違いを犯しても、必ずやり直すことが出来る。」と。


僕は姫川玲子が大好きである。




2013-01-20

ネットビジネス・ノウハウっ!マジでぇ!無料でいいの???

僕は密かにアフィリエイターになろうと思っているっ!

最初はアフリエーターとか言って!知ったかぶり全開だったのだが!

どーやら!ブログとかメルマガとかやらないと!無理らしい?

そんじゃぁ!やっかぁーっ!の!一念発起っ!(年男だし!50歳までに3年切ったし!)


そんでぇーっ?????

パソコン!かたカタっ!(PCスキルがブラインドです!)

スキンって何????肌ぁ?とか思いながら!

1カラムの文字小ちゃっ!ブログをUPし!

でも!

何か!皆さんと違うっ!違うっ!

えーとっ!縦に3分割されて!
左右に動く広告が載ってる画面が良いのにっ!!!

と!

やっと!ここまで来たんですっ!


しかし!これから僕は何処に行くの?????

まだ!左右のカラムに動く広告が貼れないよぉぉぉぉぉっ!


だけどぉーっ!

「逃げちゃダメだぁ!逃げちゃだめだっ!」

したらぁ!ラッキーっ!Fuuuっ!

ここで!「知恵の実」を見つけたぞぉーっ!


これだぁぁぁぁぁぁっ!!!!!


僕は基本ができてなかったっ!
可能性ばかり追いかけていたんだっ!

稼ぐ!マインドだっ!
僕はマインドを変えなければっ!


「綾波っ!綾なぁぁみぃぃぃぃっ!」

いまぁぁぁ♪わたしのぉぉー♪ねがぁーいっごとがぁぁぁぁー♪
(ヱヴァンゲリヲン新劇場版 破 参照っ)

つばさぁぁぁぁっ!翼さぁぁぁぁぁっ!を下さい。
(過去ログ 参照っ)



どうして?成功したいの?

「みんなとの 絆 だからっ!」


さぁ!みんなで成功しようっ!

詳しくはwebでっ!

yozawa.jpg


 | HOME |  »

CALENDAR

MONTHLY

CATEGORIES

PROFILE

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

OTHERS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。